堀り出し商品!プロジェクトの「在庫あり」ならコチラっです

経済的にも韓国と断絶したほうが実は日本にとって利益になるということがよくわかりました。何故日本がスパイ天国なのかとても興味がありこの共謀罪も興味があります!!。 本書が共謀罪成立・日韓断交の国内世論を後押しする書となることを願っています。

コレです♪

2017年03月28日 ランキング上位商品↑

プロジェクト余命三年時事日記 共謀罪と日韓断交 [ 余命プロジェクトチーム ]

詳しくはこちら b y 楽 天

早急に政府は法案を成立させ、日本国民及び世界に対して責任を果たしてほしいと思います。五輪開催国としての立場もあります。また!韓国について「共産主義への防波堤」として必要な国だという認識が全くの誤りであることが明快に述べられています。 日本は世界でも数少ない国際組織犯罪防止条約の未締結国で、他にはイラン、ソマリア南スーダンなど、治安が最悪な国と同列となっているようです。メディアからは偏った情報しか入ってきませんから、読んで良かったと思いました。目を向けるか、背けるかは現在は本人次第でしょうが、「そうは言って居られなくなる」これが現実なんだと思いました。前半約3分の1が共謀罪!残りが日韓断交について書かれています。その条約締結に必要な国内法がいわゆる共謀罪と呼ばれるもので!本書はその法案成立に反対している勢力を批判しています。共謀罪は世界のほぼ全ての国が締結している「国際組織犯罪防止条約」を先進国で唯一未締結の日本が締結するために必要な法律です。反対勢力民進党をはじめとしたいつものメンバーですが、彼らは自分の又は自分達の支援団体に何か思い当たるところがあるのか、思想信条の自由の侵害だと言ってこの法案に様々なレッテルを貼って批判しています。この本ではこれに反対している勢力(マスコミ!野党!法曹団体など)の正体が分かります。確かに思想信条の自由は保障されるべきでしょうが!テロの自由など認められるはずがありません。朴槿恵大統領が倒れ、現時点で次の大統領が誰になるか分かりませんが、北朝鮮に近い政権になるだろうと言われています。そんなに思想信条が大事ならばなぜヘイトスピーチ対策法には賛成したのでしょうか?とにかく彼らにとってこの法案成立は相当都合が悪いようです。日韓慰安婦合意にも詳しい解説があるのでこれにどうしても納得できないという方も是非読んでみて下さい。 日韓断交については、韓国や在日朝鮮人が日本に対して何をしてきたのか、いかに害になるか、断交の必要性の論拠が列挙されています。慰安婦日韓合意違反に親北朝鮮政権の誕生となれば日韓断交もいよいよ現実味を帯びてくるのではないでしょうか。